お知らせ
最新の投稿
満足をしている男性

EDになる原因は一つではなく、心的な要因を含めればいくつもの理由が存在します。
最もEDになる原因として考えられているのが肉体的な衰えです。
人間の身体は老化を始めるので老化が進んでいくと身体機能が徐々に低下していき、性欲も激減してしまいます。
性欲が落ちてくると陰茎海綿体に対する血液の流れも老化してくるので年齢を重ねるごとに自然と勃起をする事が不可能になってくるわけです。
また、もう一つの要因として心的な外傷が考えられます。
日常生活を送っていく上では他の人や環境から多大なストレスをかけられてしまうこともあります。
実は、このストレスは人間の身体にあまり良くない影響を及ぼすので過度に影響を受けてしまうと日常生活の疲れとあいまって勃起障害になってしまいます。
ストレスを過剰に浴びると身体のホルモンバランスも変化することがわかっているので、このような状況になってしまったときにはすぐに対処しなくてはいけません。
基本的に、心的な外傷がない限りはEDになる原因はその人の体質に依存します。
老化によって勃起しなくなってしまうのも体質の一種であると言えますし、若い内に運動不足になったり代謝機能が低下すると勃起障害になりやすくなるのも広義で言えばその人の体質の問題です。
日常生活の中でこうした体質改善を行えば、身体的な老化が進んでもEDの役に立てることが出来るようになるので、改善を早い段階で進めていくことは悪いことではありません。
運動をすると言っても激しい運動は必要ないですし、若い体を作るためには有酸素運動で十分です。
それに加えて病院から処方してもらえる専門の薬を使えば無事にEDを治すこともできるようになるのです。