• ホーム
  • あなたのED先天性?後天性?

あなたのED先天性?後天性?

2019年08月17日
笑顔の男性

EDにならないようにするためには、きちんとした体作りをすることが大切です。
基本的に、EDになってしまう原因は身体的な状況を考慮すると二つのケースに分けることが出来ます。
一つは、生まれたときから既にEDを発症させていた場合です。
それほど例があるわけではありませんが、先天性の勃起障害と言うのは確かに存在します。
もちろん、身体的な要因によって下半身が動かなかったりすることも原因として挙げられますが、そうではなく何らかの身体的な、または精神的な疾患によって勃起をする事ができなくなってしまっていることです。
この場合には、専門的な治療を受けて勃起障害を治していかなくてはいけません。
もう一つのケースは、後天的な日常生活を過ごしていく中で自然と勃起障害になってしまうケースです。
人間の身体は老化をしますので、老化が始まると身体機能が低下します。
勃起のメカニズムは、陰茎海綿体に勃起に必要な血液が集まることによって成り立っていますので老化が進んで代謝能力が低下してしまうと自然と勃起ができなくなってしまいます。
高齢になればなるほど勃起障害になってしまうのはこれが理由なので、高齢によってEDにならないようにするためにはそのために体作りをしっかりと行わなくてはいけません。
一番効率的なのは、やはり代謝能力を向上させて陰茎海綿体の血液の流れを良くすることです。
陰茎海綿体に動きさえ活発化すればどんなになって勃起をするための下地は整っていることになるので、後は性的刺激を受けることで無事に勃起できます。
有酸素運動などを日々取り入れて定期的に代謝機能を改善すれば、高齢になっても満足のいく勃起力を維持することができます。